ビタミンC誘導体配合の化粧水|干からびた状態から復活

保湿と規則正しさが重要だ

目元

乾燥しないよう努力する

健康な肌なら角質層の角質細胞が肌を守ります。しかし角質細胞がダメージを受けると乾燥して小じわが発生します。角質細胞の保湿力は角質細胞間脂質、天然保湿因子、皮脂膜がきちんと機能しているかどうかで決まります。そのうち角質細胞のおよそ八割を占める角質細胞間脂質の働きは特に重要です。セラミドは角質細胞間脂質の大部分を構成する要素です。細胞の間を埋め水分が逃げないようにしています。ですがセラミドが不足してしまうと水分が蒸発して肌は乾燥します。肌が乾燥しないように努める事が小じわの予防や改善法となります。気温や湿度の変化に肌は敏感に反応します。加齢や不規則な生活も肌の血行を悪くして保湿力が落ちます。毎日出来るだけ規則正しく過ごし年齢や肌状態に合わせたスキンケアを行う事が大事です。

潤えば他の肌悩みも消える

スキンケアではとにかく保湿が大切です。まず洗顔で汚れをきれいに落とします。汚れがすっきりと落ちればその後の基礎化粧品の有効成分が肌に浸透し易くなります。しかし洗い過ぎやこすり過ぎは乾燥の原因になります。たっぷりの泡で優しく洗う必要があります。失われたセラミドを補えば肌は潤いを取り戻します。化粧品はセラミド高配合の物を使うと良いです。ヒアルロン酸も肌を保湿してくれます。乾燥肌に悩む人にセラミドやヒアルロン酸が高配合された化粧品は大人気です。十分に潤いで満たされれば小じわは改善します。小じわは一時的な物なので早い時点で対処すれば深刻な悩みにならずに済みます。ですが放っておくと肌の奥の真皮にまで達する深いしわとなる可能性もあります。乾燥は小じわ以外にもあらゆる肌悩みの原因となります。保湿や紫外線対策をきちんと行い毎日の生活に気を配る事が重要です。