ビタミンC誘導体配合の化粧水|干からびた状態から復活

ビタミンCの効果と吸収

コスメティック

幅広い効果を持つビタミンc誘導体は多くの化粧品に配合されています。ビタミンcとしての本来の力を発揮するためには皮膚を透過することが必要ですが、誘導体化することによって脂溶性が高められているのが特徴です。

もっと読む

ビタミンCが浸透する

スキンケア

肌質によって使い分ける

ビタミンC誘導体は、肌質によって化粧水を使い分けると良いと言えます。ビタミンC誘導体は、そのままの状態では肌に浸透しにくいビタミンCが肌に浸透されやすくなったものになります。水溶性のものと脂溶性のもの、水溶性と脂溶性の両方の性質を持った両性のものがあります。水溶性のビタミンC誘導体は、浸透力が高くべたつかないので皮脂分泌が盛んな肌に良いと言われています。脂溶性のものは、浸透がゆっくりで保湿も出来るため水分が足りていない肌や揺らぎやすい肌に適していると言われています。両性のものは、どちらの性質も併せ持っているためどんな肌質にも合うとされています。自分の肌質に合わせながら化粧水を選ぶと良いと言えます。干からびた状態から復活しましょう。

保湿をしっかりと行う

ビタミンC誘導体は、シミの元になるメラニンの発生を抑制してシミの予防やくすみの改善などに良く美白に効果的であると言われていますがその分乾燥しやすい傾向にあります。そのため、ビタミンC誘導体が含まれた化粧水を使う際は乳液やクリームなど油分を含んだスキンケア用品を化粧水を使った後にしっかりと使っていくことが大切になります。肌が弱い人は、特に保湿をしっかりと心がけていくことが大切です。乾燥しやすい冬場に使う場合は、肌の状態を確かめながら少しずつ使うようにして皮脂分泌が盛んになりやすい夏場を中心に積極的に使っていくようにすると良いと言えます。化粧水を使った後は美容液を使い、更に乳液やクリームなどで栄養を閉じ込めるのが理想になります。

加齢による臭いの対策

困るウーマン

加齢臭の原因は男女によって異なります。ですから、化粧品などを使用して加齢臭対策を行う場合は、それぞれに合ったものを選ぶことが大切です。また加齢臭は上半身に発生し、効果が持続するように工夫された商品が多いのが特徴です。

もっと読む

保湿と規則正しさが重要だ

目元

角質層の角質細胞が傷つくと乾燥します。乾燥すると小じわが発生します。角質細胞の八割を占める角質細胞間脂質を構成する主な要素はセラミドです。セラミドが不足すると乾燥するので化粧品で補うと良いです。ヒアルロン酸も有効です。摩擦や紫外線、不規則な生活も良くありません。正しいケアと生活改善が大事です。

もっと読む